読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の歴史と今

読んでて恥ずかしくなるのが私の歴史。だけどそのときは今現在のように真面目に書いていた訳でね。そんな私の今を書いていく。

強み

メルマガ「平成進化論。」にドラッカーの言葉が引用されていた。

「一人一人の強みを建築ブロックのように組み合わせ、
  各人の強みだけを引き出し、

  各人の弱みを意味のないものとさせるのが
  組織の役割だ」

うまいこと言うなー。
で、だから、

 「若い知識労働者は、人生の早い時期に、

  自分が強みを発揮できる仕事についているかを

  自問しなければならない」

となるんだけど、自分の強みってなんだろう。それを知らずば、強みを発揮できる仕事云々なんて話にならない。
考えてみるに、多分、いまは、自分の強みを発揮できる仕事に就いていない。私は技術屋だから、開発でこそ力を発揮できると思うなあ。プロジェクト管理作業(誰かがやらなくっちゃいけないのだけど)だけじゃ、死んでるも同然だ。と感じる。(そんなことないのかな???先入観???)
じゃあどうすれば開発の割合を増やせるんだ? いまは提案がとおりやすい会社・上司・立場に恵まれている。やろうと思えばできるはず。開発案件を取ってくればいい?うーん。難しいだろうな。じゃあじゃあ。。。
間接的に今できることは、現在の作業を、もっと効率よく、短期間で終わらせてしまうこと。しかも高品質で。それをクリアできれば、次のステップが見えてくるように思う。その第一歩が、TODO管理と、実績集計の徹底と集計になるかな。