読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の歴史と今

読んでて恥ずかしくなるのが私の歴史。だけどそのときは今現在のように真面目に書いていた訳でね。そんな私の今を書いていく。

Ruby技術者認定試験Goldメモ

検索しても受験したという情報が一切なかったが、今は安いし再受験可能だからGoldを受験予約した。12月21日 10:45。その時にはある程度情報が出ていて私自身の勉強が進んでいるだろう。

まつもと:SilverはRubyスクリプト言語として使う、Rubyの各クラスの機能について理解している、といった基本的なレベルを問う内容でした。Goldはそれに加えてオブジェクト指向プログラミング言語としてのRubyの概念や、Rubyを使ってある程度の規模以上のソフトウェアを開発する際の知識を問うところにフォーカスして試験を設定しました。

http://www.prometric-jp.com/career/backnumber/column1009_96.html

■学んだ知識を仕事で生かそう
−最後にRuby技術者認定試験合格を目指す方へのメッセージ、アドバイスをお願いします。
まつもと:試験を「知識を身につけるための道具」として活用して欲しいですね。SilverやGoldの試験問題は、実際の業務でも役立つように考慮して作られています。試験で点を取るだけではなく、試験のために身につけた知識を実際にRubyを使うときに役立てもらえるといいなと思います。
せっかく知識を身につけるのですから、四択問題をこなしていくというのをゴールにするのではなく、知識を仕事に生かすことをゴールにすれば、試験のために勉強する価値も出てくるのではないでしょうか。

http://www.prometric-jp.com/career/backnumber/column1010_97.html