私の歴史と今

読んでて恥ずかしくなるのが私の歴史。だけどそのときは今現在のように真面目に書いていた訳でね。そんな私の今を書いていく。

Redmineのsubtaskingによる親子の依存性

Redmineのバージョンを上げて、subtasking機能を使用できるようになったので、依存関係を調査してみた。

親チケットの一部のプロパティの制限

以下の親チケットのプロパティは、入力不可となり自動計算される。

プロパティ 自動計算の結果
優先度 子チケットの中の一番高い優先度
開始日 子チケットの中の一番最初の開始日
期日 子チケットの中の一番最後の期日
予定工数 子チケットの予定工数の合計
進捗 % (子チケットの予定工数 * 進捗) / (予定工数の合計)
ただし、予定工数が未入力の子チケットの予定工数は、他の子チケットの平均値となる
また、終了ステータスになっている子チケットは、進捗率100%として計算する

進捗 % が、少しだけややこしくなるけど、どれも想定の範囲内

ステータス

ステータスは、親子との間に無関係。親が「終了」ステータスになっても、子は「新規」のままだったりする。

作業時間

親子関係なく、それぞれで入力可能。
しかし、親チケットの進捗を直接入力できないということは、タスクとして親チケットを設定するのは不自然な感じがする。

その他

担当者、対象バージョン、カテゴリは、親子で無関係。
子チケットの分割方法に依るけど、対象バージョンが親子で異なるのには違和感がある。