読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の歴史と今

読んでて恥ずかしくなるのが私の歴史。だけどそのときは今現在のように真面目に書いていた訳でね。そんな私の今を書いていく。

Rails3の予習

ruby rails

ざっとRails3の書籍を読んでみた。

Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

細かいことは書いていなかったけど、Rails2との違いは把握できた。今度の開発で使った見たい機能も含め、付箋の数が50枚程になった。近いうちにまとめておこう。

今回はRails3の予習のために読んだ訳だけど、Rails全般に関しては復習にもなった。知っていても使っていなかったり、理解があいまいだったりする部分もあった。復習だから心に余裕をもてたし、昨年の初めてのRailsの開発を思い返しながら読むことができた。こういう機会って、非常に大事かも。過去の開発を思い返して、改善策を思いついたり、次の開発の基盤部分について新たな構想が生まれたりする。
初めてStrutsを使った時もそうだった。試行錯誤しながら作り上げたけど、2度目の開発の話が持ち上がった時、「Strutsをもっと上手に利用するぞ!」という気持ちが湧き上がってきてワクワクドキドキ、毎日アプリの基盤部分の構想を考え続けていた。
その当時と今の気持ちは似ている。だけど、Railsの開発案件がある訳ではないんだな。
まあ、自分が欲しい簡単なWebアプリでも作ってみようか。ついでにHerokuを使って。